スカイマーク、復活をかける「無遅刻」の誓い[東洋経済オンライン 2017/7/28]

航空会社にとって「定時出発」が超重要な理由
安井 孝之 : ジャーナリスト・Gemba Lab代表(2017年07月28日)

 「とにかく安い」というだけではお客はつかないのが、航空会社だ。ビジネス客は、定時に出発し、到着するという正確さがなければ乗ってくれない。その「定時出発」にこだわっているのが、いったん経営破綻したスカイマーク。いまや、定時出発No.1常連のJALを猛追している。

 「〇〇便のお客様はいらっしゃいませんか~」。スカイマークのチェックインカウンターや保安検査場近くの客の列に向かって叫ぶスカイマーク社員の姿をよく見掛けるようになった。出発時刻の20分前になってもチェックインしていない客や、15分前にまだ保安検査場を通っていない客に声をかけ、社員が誘導しているのだ。
続きは東洋経済オンラインで。