三菱地所の地震速報、気象庁より「早い」実力[東洋経済オンライン2017/9/6]

「首都圏直下型地震」への備えを強化
安井 孝之 : ジャーナリスト・Gemba Lab代表(2017年09月06日)

気象庁の緊急地震速報よりも早く、大地震の揺れを察知する――。東京・丸の内の”大家”と呼ばれる三菱地所は、首都直下型地震に備えて、独自の速報システムを8月に導入した。

緊急地震速報が出るよりも早く大地震の揺れを察知し、高層ビルのエレベーターを非常停止階に止め、エレベーター内の閉じ込め事故を減らしたり、避難誘導に生かしたりする。オフィスビルへの導入は日本で初めてだ。三菱地所が動いたことをきっかけに、こうした取り組みが加速する可能性が見えてきた。
続きは東洋経済オンラインで。

スカイマーク、復活をかける「無遅刻」の誓い[東洋経済オンライン 2017/7/28]

航空会社にとって「定時出発」が超重要な理由
安井 孝之 : ジャーナリスト・Gemba Lab代表(2017年07月28日)

 「とにかく安い」というだけではお客はつかないのが、航空会社だ。ビジネス客は、定時に出発し、到着するという正確さがなければ乗ってくれない。その「定時出発」にこだわっているのが、いったん経営破綻したスカイマーク。いまや、定時出発No.1常連のJALを猛追している。

 「〇〇便のお客様はいらっしゃいませんか~」。スカイマークのチェックインカウンターや保安検査場近くの客の列に向かって叫ぶスカイマーク社員の姿をよく見掛けるようになった。出発時刻の20分前になってもチェックインしていない客や、15分前にまだ保安検査場を通っていない客に声をかけ、社員が誘導しているのだ。
続きは東洋経済オンラインで。